FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鳩山由紀夫の政治を科学する」  民主党政権の狙いとは??

 共同通信社が実施した世論調査で、鳩山由紀夫内閣の支持率は36.3%と、2月の前回調査より5.1ポイント下落し、昨年9月の内閣発足以来初めて40%を割り込んだそうです。

自民党政権時代も内閣発足当時は期待感を込めた内閣高支持率であったけれどすぐ失速してしまうのは、同じ穴のむじなのようです。

 さて、その鳩山政権の性格と今後の方向を見極める興味のある本を読みました。題して鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)という高橋洋一氏、竹内薫氏の元官僚と物理学者兼科学作家との対談です。

 日本では、時の政権は極自然に選挙できまります。そうでない国というより政権・政府はアジアにはいたるところにあるので、日本は逆にいうと例外かもしれません?とすれば選挙にいたらしめるプロセスがよりよくわかれば、時の政権の性格が明確になる、と感じました。

 政権は国の予算の議決・執行ができます。これは国家の基本的枠組で、これを獲得せんがために民主党は自民党と各種の策略を用いて、競争してきたわけです。結果は選挙で判明します。とりあえず4年間の賞味期限はあります。

 この本はその民主党の鳩山政権の「策略」の現状と今後を的確に描きだしていると感じました。特に策略をOR手法で解説しているのがユニークです。

 国土交通省をはじめ叩く官庁や独立行政法人の埋蔵金、マニュフェストの中身など民主党への支持層への強化・拡大・維持に最終的に集約される、との説明は説得力があります。

 かっての自民党支持層は、自民党政権の賞味期限切れの甘い蜜より、新鮮な蜜に乗り移ったから民主党政権となったわけです。政策以外にいわゆる「政治と金」をめぐるマスコミ報道で鳩山・小澤問題が再燃し、すでにその兆候がみえている中で、内閣支持率の減少が継続すれば、新鮮な蜜もすぐ賞味期限切れとなってしまうと思うのです。

続きを読む ≫

スポンサーサイト

チリ地震津波

 2010年2月27日午前3時34分(UTC=午前6時34分)にチリ中部コンセプシオン近郊で起こった地震はマグニチュード8.8とされ、チリでは1960年に発生したいわゆるチリ地震以降の最も大きな地震でありました。

 ところで日本列島よりいち早く津波が到達するハワイでは、27日午前11時(日本時間28日午前6時)すぎ、米ハワイ諸島で観測され、AP通信によると最高で約2メートルの高潮がみられたが、海岸部の被害情報はなく太平洋津波警報センターは同地域への津波警報を解除したとのことです。

 最高で約2メートルの高潮の数値は看過できない値です。津波警報受け沿岸自治体、相次いで避難指示を出したという報道がありますが、妥当な措置だ、と思います。テレビでは津波警報を掲載していますが、慣れっこになってしまう恐れがあります。

 28日12時に外房線の勝浦・安房鴨川間の運転中止がテロップとして流れましたが、危機管理上必要なことと思います。後1時間程度で日本に第1波の津波が到達することになりますが、注視したいとおもいます。



 

新型インフルエンザ(Swine-origin influenza A/H1N1) ⑤

 新型を中心にインフルエンザが猛威を振るい始めた。10月25日までの1週間に発生した全国患者数は、推計で114万人と初めて100万人を超えたとのことです。

 1ヶ月前では18万人であったことから5倍に膨らんだことになります。114万人となると約100人に1人は感染者・発症者ということとなります。通勤電車を考えると1車両に平均的には1人の発症者がいるとみてよいと考えます。いつ感染してもおかしくない状況になりました。

 ところで全国の患者のうちほぼ7割は0~14歳が占めるが、子どもはインフルエンザ脳症を引き起こして重篤化することがあるとの報道が絶えません。39度の熱、けいれん発作や意識低下などの症状が出たら要注意です。季節性でも毎年、全国で100~300人が発病しており、新型ではマスコミの関心の高さもあって危険性が大きいような感じがします。

 ワクチンについては年明けても回ってきそうにもありません。量産体制が整ってないからです。そうした中、注目すべき報道がありました。



 

続きを読む ≫

台風による交通機関の麻痺

 昨日は台風18号の暴風雨により一日中振り回された日でした。JRは朝7時には総武線快速電車は運転していましたので、遅れは覚悟するものの東京駅まで行けるものと考えていました。

 しかし8時前には首都圏の電車は大半は運転中止となってしまいました。JR東日本の列車運行情報にアクセスしても全くつながりません。私自身はお昼くらいに東京駅に行く必要があったので、いつ運転再開するか気にしていたところでした。

 気象情報では関東地方南部は午前中一杯は台風の暴風圏内から脱しそうもない状況でした。12時のニュースでも軒並み首都圏の電車はストップしたままです。今日になって運転か運休かの判断基準のマスコミ報道がありました。

 JR東は現在、風速が毎秒20メートルを超えると徐行運転し、同25メートル超で運休する規定だそうです。05年12月に羽越線(山形県)で突風を受けた特急電車が脱線・横転して乗客5人が死亡したことから06年1月に従来の規制値を同5メートルずつ厳しくしました。

 また、昨年度末現在で在来線の風速計を羽越線事故時の3倍に当たる674基設置しました。担当者は「風速計が増えるほど、運休したり復旧が遅れたりする面はある」と認めています。

続きを読む ≫

台風来襲

 台風18号が来襲しています。9時現在諏訪市の東北東 約30kmの位置にあります。中心気圧は960hPa 、進行方向、速さ は北東 50km/h(26kt) となっています。台風18号は8日午前5時過ぎ、愛知県・知多半島付近に上陸し、気象庁によると、中心気圧は955ヘクトパスカル、最大瞬間風速は55メートルで、時速50キロで北東に進んで今に至っており、やや衰えたものの依然強い勢力を保っています。

 岐阜・長野県のアルプス山地をはじめとして山岳地帯を縦断しつつあるので急速に勢力を失うと思いましたが、そうではありません。千葉誉田では雨は時々降るくらいですが、風が強く人が吹き飛ばされそうな勢いです。

 外房線・総武線快速東京行は7時過ぎの時間は運行しましたが、8時前後からは千葉県内の途中駅で停車しているとのことです。通勤には大打撃です。

 JR東日本の列車運行情報でも首都圏の電車は軒並み運転中止で、再開についての見込みがたっていません。この強風では暫くの時間がかかる感じがします。

 

続きを読む ≫

デフレ傾向が強まる

 総務省が29日発表した8月の全国消費者物価指数(2005年=100)は、値動きの大きい生鮮食品を除く総合で100・1と前年同月比で2・4%下落し、4か月連続で過去最大の下落率を更新しました。

 物価が大幅に下落した最大の要因は、昨年の原油高の反動による影響で、最近の原油価格は1バレル=70ドル前後で上昇傾向にあるが、前年同月の1バレル=100ドル超の水準と比べれば低水準にあります。このためガソリンは前年同月比31・4%、灯油は44・9%、それぞれ下落した。この2品目で、生鮮食品を含む総合指数を前年同月比で1・47ポイント押し下げることなったのです。

 ではハイオクガソリンの小売価格を昨年9月と今年の9月を比較してみました。2008年9月14日では167円です。2009年9月18日では131円と36円ダウンですが22パーセントしか下落していません。

 

続きを読む ≫

UR都市機構の宅地 ①

 事務所・住居から7分ほど車で行った場所にUR都市機構が開発し宅地分譲の売り出しを行っています。UR都市機構の「おゆみ野」宅地開発は1977年に事業計画が認可され起工式が行われていますからすでに32年も経っていることになります。今回は「26次」の売出しとのことです。

 私の事務所は誉田ですが、UR都市機構が開発を進めている「おゆみ野」と「ちはら台」とは隣合わせで2~3キロほどの距離です。「おゆみ野」の区画整理事業は終了し宅地分譲などが進行しているのでこうした「26次」の売出となっています。

 今回の土地は2年前までは雑木林でしたが比較的平坦な土地でした。16メートル道路の向かい側はすでに宅地分譲され戸建住宅が立ち並んでいます。売出しは今年の5月で15区画でしたが、まだ10区画分譲未済があります。


続きを読む ≫

新型インフルエンザ(Swine-origin influenza A/H1N1) ④

 国立感染症研究所は18日、全国約5000カ所の医療機関から報告のあったインフルエンザ患者数が、7~13日の1週間で1施設当たり3.21だったと発表しました。大半が新型インフルエンザとみられ医療機関を受診した患者は推計18万人で、前週から約3万人増えたとのことです。

 小中高の学校などでの感染が広がり患者数が増加しています。厚労省は「同じ期間に休校や学級閉鎖が増えており、主に学校で感染が広がっている」とみています。9月7~13日分の週での最多は東京の615件で、前週の364件から1・7倍に増加しました。

 今回のパンデミックのい今までの特徴では、8割以上が未成年者の患者であるということです。学校内に限らずバス・電車などの交通機関とその駅などの関連施設、スーパーなどの商業施設、公共施設、さらには一番身近な家庭内といくらでも感染する機会はあるにもかかわらずこの傾向は変わらないようです。

 電車などの交通機関内においても、特に高校生などは身近に乗車しており、学校内からの2次感染は十分に考えられることです。この傾向は今後も続くのか?或いは一時的現象なのか注目しています。

 

 

HOMENext ≫

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。