FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UR都市機構の宅地 ①

 事務所・住居から7分ほど車で行った場所にUR都市機構が開発し宅地分譲の売り出しを行っています。UR都市機構の「おゆみ野」宅地開発は1977年に事業計画が認可され起工式が行われていますからすでに32年も経っていることになります。今回は「26次」の売出しとのことです。

 私の事務所は誉田ですが、UR都市機構が開発を進めている「おゆみ野」と「ちはら台」とは隣合わせで2~3キロほどの距離です。「おゆみ野」の区画整理事業は終了し宅地分譲などが進行しているのでこうした「26次」の売出となっています。

 今回の土地は2年前までは雑木林でしたが比較的平坦な土地でした。16メートル道路の向かい側はすでに宅地分譲され戸建住宅が立ち並んでいます。売出しは今年の5月で15区画でしたが、まだ10区画分譲未済があります。


続きを読む ≫

スポンサーサイト

行政書士相談会 千葉市民産業まつり

 第35回千葉市民産業まつりが昨日(2日)と今日(3日)開かれ、行政書士会千葉支部として市民相談会を実施しました。

 相談員として、2日に会場である千葉市中央卸売市場に出かけました。

 相談事項としては、いつものように相続・遺言が多かったのですが、今回バイクの登録証についての相談でした。  自動車の車検証ならば見たことはあるものの、バイクの登録証は初めてでした。

 内容としては、ネットで250CCバイクを購入したが、売主は前の売主から登録証を入手していないとのことです。しかも前の売主は連絡がとれず行方不明だそうです。従って登録証を入手する方法は?との相談でした

続きを読む ≫

消費者庁設置へ?

 政府は15日、消費者行政を一元化した新組織の形態について、独立官庁型の「消費者庁」を内閣府の外局として設置する方針を固めたとの報道がありました。

 新組織は、縦割りの消費者行政を改善するのがねらいで、他府省所管の消費者関連法令や権限も消費者庁に移管されたり、消費者庁の権限として、悪質商法で得た業者の違法収益の没収のほか、立ち入り調査や、監督官庁への行政処分を促す是正勧告の権限を持たせたのが目玉となるそうです。

 また、特定商取引法(経済産業省所管)や景品表示法(公正取引委員会)など消費者関係法令を消費者庁が一括して所管し、他府省が所管している国民生活センターや製品評価技術基盤機構などの関連組織も同庁に移すとしています。

 実現にあたっては、まだまだですが、看板政策のない福田内閣とって実現すれば人気取政策になるかも知れません。外形だけは作れるものですから!

続きを読む ≫

70歳後見人、勝手に2000万円使う 82歳女性と契約



 東京都小平市の女性(82)と任意後見契約を結んだ同市の男性(70)が、女性の通帳から2000万円を引き出し、自分名義の住宅などを購入していたことが分かりました。

 12日に都内であった任意後見制度改善シンポジウムでの報告で明らかになったそうです。

 それによると、女性は94年に夫を亡くし、関西地方のケアハウスに入居し、ここで男性と知り合いました。04年に2人で都内の有料老人ホームに移った後、女性の財産管理を男性に委ねる委任契約と、女性の判断力が衰えた際には男性が後見人となる任意後見契約を結んだそうです。女性は目がやや不自由で、「世話をするのに必要」と契約締結を持ちかけられたといいます。

続きを読む ≫

悪質商法防止で改正法案

文字色 産業構造審議会(経済産業相の諮問機関)小委員会は27日、通信販売などを規制する特定商取引法(特商法)の改正に関する報告書案をまとめした。

 通販や訪問販売、電話勧誘販売の規制対象を原則としてすべての商品とサービスにすると明記し、訪問・電話販売で購入後一定期間内であれば契約を解除できるクーリングオフの適用範囲を広げることなどで、悪質商法の被害拡大防止を図ることしています。

続きを読む ≫

路線価の発表

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2007年分の路線価(1月1日現在)を発表しました。

 全国平均で8、6%上昇したといいますが、上昇したのは、東京、大阪、名古屋の3大都市圏で他の地域は平均すると0となっています。

続きを読む ≫

厚労省の電子申請用ソフトに欠陥

 厚生労働省への申請をインターネットで行うのに必要なコンピューターソフトに欠陥があり、情報が流出するなどの恐れがあることが5日、分かりました。

 この電子申請は事業主が労働保険・健康保険・厚生年金保険に関しての労働基準監督署・公共職業安定所・社会保険事務所など主に3箇所への諸届出をオフィス・自宅などから24時間・365日申請可能という便利な機能を持っています。

 特に届出先は共通する内容であっても3箇所あるので、持参し、提出するとなると駆け回らなければなりません。

 届出様式種類として19種類ありますが、共通する内容のものはグルーピング化し、届出様式への記入負担が軽減されます。

 今回の申請用ソフト欠陥は、平成19年5月31日にサンマイクロシステムズ社がセキュリティホールがあることを公表しました

 これを受けて法務省は平成19年6月28日、国土交通省は平成19年7月3日に申請用ソフトのバージョンアップを呼びかけています。

 情報漏れと悪用は後から気が付きしかもその被害はなかなか掴みにくいので、電子申請の信頼性を保証するためにも体制整備を望みます。


図解 労働・社会保険の書式・手続完全マニュアル―給与計算事務・電子申請にも対応!
法務省オンライン申請システムを使った 電子定款作成マニュアル 株式会社設立が4万円安くなる!

FC2Blog Ranking



遠藤行政書士事務所のHPはこちらから!

職務上請求書の不正取得事件 くらしと住まいの特設相談

 10日ほど以前になりますが,千葉市役所主催の「くらしと住まいの特設相談」(無料相談会)にいってまいりましときに、土地家屋調査士の方から職務上請求書の不正取得が大きな問題となっているという話をききました。

 この記事には書いていないのですが、埼玉土地家屋調査士の会員(行政書士会員でもある)が行政書士会の役員選挙にからみ、ある女性会員の住民票・戸籍謄本等を土地家屋調査士の職務上請求書を使用して不正取得し、その会員への誹謗・中傷を行い、選挙妨害をしたとみられる、というものです。

 そのため監督官庁のさいたま地方法務局に不正取得した会員の懲戒を申し立てているというものです。

 住民票・戸籍謄本等は相続・遺言をはじめ許認可などの行政書士等に委託された業務の遂行上必要不可欠な証明書類であることから、行政書士等は業務委託者に代行して取得することが認められています。

 今回のケースはこれを悪用したもので、職務請求書の信頼性を著しく損なうものです。さいたま地方法務局の対処の仕方を注目しています。




相続・遺言に関するご相談は、遠藤行政書士事務所へぜひどうぞ!


FC2Blog Ranking

HOMENext ≫

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。