FC2ブログ
  •  いて座の方向、天の川銀河の中心付近からはあちこちでさまざまな電磁波が放出されていて、とりわけ「いて座A」や「いて座B」といった電波源が有名です。 いて座A付近には「火の玉」のように広がったX線源があるのが観測されています。、「すざく」X線CCDカメラ(XIS)は他の可能性を排除し、火の玉が温度7000万度に相当する超高温のプラズマであることを突き止めました。 さらに、この領域には数多くの超新星残骸が存在するこ... 続きを読む

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。