FC2ブログ

火星のクレーター、数年前に水が流れた跡

 火星のクレーターに、数年前に液体の水が流れたような痕跡があると、米カリフォルニア州の研究機関が6日、発表しました。米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」が撮影した画像を解析した結果としています。

 火星の南半球にあるクレーター内で、マーズ・グローバル・サーベイヤーが1999年と2001年に撮影した画像にはなかった細長い溝のようなものが、04年と05年の画像に見えることに注目しました。


 画像を詳しく解析し、溝は「液体が斜面を流れた跡」と結論づけました。


 火星表面にはかつて、液体の水が存在したとみられますが、現在では確認されていません。極付近には氷が存在すると見られてます。


 現在の気候は、水が液体で存在することができないため(平均温度でー55℃)、クレーターを流れた水は、地表面に出てきた地下水か(夏場の昼は20℃を超えることもある)、とけた氷ではないかとしています。


 液体の水が現存すれば、生命体の存在の可能性も出てきます。


 一方、1996年に打ち上げられた探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」は、9年以上にわたって火星の観測を続けていたが、水の跡があるクレーターの画像を送信した後、11月に通信が途絶え、行方不明になっています。


20061208151903.jpg


FC2Blog Ranking
スポンサーサイト



HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー