FC2ブログ
  • 統計学を拓いた異才たち―経験則から科学へ進展した一世紀  便秘がちでも大腸がんの発症リスクが高まることはないとする調査結果を、厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)がまとめ、20日発表しました。便秘だと大腸に有害物質などが長くとどまり、がんのリスクが上昇するといわれてきたが、それを否定する意外な結果です。  調査結果は米国の医学誌「疫学紀要」12月号に掲載されまし... 続きを読む

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。