FC2ブログ
  •  地球からしし座の方向に約3億光年離れた所にある双子の銀河「アープ87」の鮮明な画像を欧米のハッブル宇宙望遠鏡がとらえ、欧州宇宙機関(ESA)が30日公表しました。    合体しつつある両銀河では新しい星が盛んに誕生しており、観測成果は星の形成過程の解明に役立つと期待されます。  アープ87は大きな渦状銀河「NGC3808」と小さめの同「NGC3808A」で構成され、周囲に無数の星やちり、ガスが広がっています。星の色や... 続きを読む

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。