FC2ブログ
  •  素粒子物理学では珍しい、4個の素粒子(クォーク)からできて電荷を持つ新しい中間子を発見したと、茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)が9日、発表しました。  クオークの複合粒子は2個か3個と思っていたら、すでに4個の複合粒子も発見されていたようです。しかし、今回の粒子は4個のクォークでしかも電荷があるというので新発見となったそうです。... 続きを読む

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。