FC2ブログ

遺言の相談 市の無料相談会をもっと活用しては?

 千葉市役所主催の「くらしと住まいの特設相談」(無料相談会)にいってまいりました。

 相談者は80歳台で配偶者を亡くしまた子供さんもいない方でした。  法定相続(推定相続人)についてはご存知していて、相談者の兄弟(相談者の両親は既に他界している)が相続することになってしまうので、揉めたくないことから遺言書を書きたいという相談でした。

 相談者の知人の場合相続が争い事になってしまったこと、また遺言が近所での話題(TV報道)となっていることも相談する動機でした。

 また相談者の兄弟も亡くなっている方もいるので、その子(甥・姪)が相続することになることを先ず説明しました。

 よく使われる遺言書の方式は自筆証書遺言・公正証書遺言とありそれぞれの概要・長所・短所を話しました結果、相談者は費用はかかるものの安全・確実な公正証書遺言にしたいとのことになりました。

 公正証書遺言は準備する書類と段取りがあるので、その流れを説明しました。相談者の話を聞き、メモや図表にしながら説明したので相談者は概略理解できたと思います。メモ・図表は市役所でコピーをとり相談者に手渡しております。

 争族とならないためにも遺言書をつくるのは大切です。私も争族を予防・極小化するべく全力を尽くしていきたいと考えています。


遠藤行政書士事務所



Google


FC2Blog Ranking
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。