スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すざく」、白色矮星パルサーを新発見

■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■ ENEOSカードがリニューアル!ガソリン・軽油代が請求時に2円/L! ロードサービスも年会費無料!ENEOSカードを今すぐGET!


 白色矮星といえば、太陽程度の質量を持った恒星が核融合反応を終え、静かに冷えて、やがて光も出さずに、見えなくなるものと考えらてきました。

 しかし「すざく」衛星の観測から、白色矮星のまったく違った側面が明らかになってきました。みずがめ座AE星の中にある白色矮星は、その自転に伴って、中性子星のパルサーのようなX線パルスをしていることが発見されたのです。

 パルサーといえばかに星雲の中心にある中性子星が有名です。このパルサーは周期33ミリ秒ということから、1秒間に30回転という高速自転をしています。

通常の密度の物質ならば、回転による遠心力でばらばらに破壊されてしまうのですが、中性子星は1立方センチメー10億トンもの密度になっており壊れることはないのです。

 また太陽の1.4倍もの質量をもちながら、半径はわずかに10kmほどしかなく、パルサーは高速自転により灯台のように、電波やX線でパルス状に光っています。

 一方白色矮星は1立方センチメー1トン程度で太陽程度の質量で半径は地球程度の6400kmです。今回発見された白色矮星パルサーは33秒の周期を持っていました。

 この発見は低エネルギー宇宙線の発生源として有力な根拠となるそうです。白色矮星は、多くのありふれた恒星の終末状態であることから、数が多いと考えられています。しかし小さいし光りも微弱なので観測しづらいものです。

 今後こうした白色矮星パルサーの発見があると考えられます。自然死のように考えられてきた白色矮星にも活動的な状態があるとは、天体現象の複雑さを感じさせるものでした。



Google


科学雑誌Newton。ニュートン特製ブックカバーをプレゼント!

月刊科学雑誌 『日経サイエンス』 世界の先端科学技術の動向を美しい図版とわかりやすい日本語で毎月お届けしています。

中性子星とパルサー (NEW COSMOS SERIES)

NEC ノート(LaVie G タイプLスタンダード(s))

スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。