FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民法務研究会 相続税のこと



 千葉県行政書士会千葉支部では、街の法律家として法律に係る相談会を無料で実施しています

平成19年10月から千葉市中央区からスタートし、花見川区(11月)、稲毛区(12月)、若葉区(1月)、緑区(2月予定)、美浜区(3月予定)、と順番に開催してきました。

 すでに実施された中央・花見川・稲毛・若葉の各区では4~6件の相談があり、地域住民が関心を持っていることがわかります。

 緑区では2月15日(金)13時から16時に緑区役所の2階ロビーで行うこととしています。

 市民法務研究会は、こうした相談者の様々な相談事に応じられるようにするため、相続・遺言・成年後見のテーマを会員が持ち回りで発表し、相談実務能力の向上を目指しています。

 本日は相続の相談時には必ずとある相続税がテーマでした。ここで変わった質問がありました。子供がいない夫婦の夫がなくなり、遺言書で奥さんと愛人に2億円の遺産を半分づつ相続・遺贈するとした場合の相続税はいくらか?というものです。

 先ず基礎控除額が6000万円ですから、課税価格は1億4000万円です。2で割ると7000万円でこの税額が7000×0.3-700=1400万円となります。

 奥さんは配偶者控除が受けられますから結果的に相続税は0円です。しかし愛人は法定相続人ではないので、1400×1.2=1680万円の相続税となります。

 ここで一番得をしたのは、ということですが、それは国です。遺贈がないとすると、奥さんの課税価格は1億4000万円なので配偶者控除により本来ならば相続税が0円です。国は愛人への遺贈があったため相続税1680万円徴収できることになったわけです。



Google


幸せを呼ぶ相続の教科書
これ1冊で安心!相続の手続きと節税がぜんぶわかる本
はじめての相続・贈与ABC―初心者にもわかりやすい入門書 相続のプロフェッショナル精鋭10人がやさしく手ほどき (これで→安心)
葬儀後の手続き・相続のすべてがわかる本
相続の裏側
税理士のための確定申告事務必携 平成20年3月申告用―所得税消費税相続税贈与税の申告 (2008)
取り返せ!相続税―不動産相続のプロが明かす土地評価の実態と節税対策

■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■ ENEOSカードがリニューアル!ガソリン・軽油代が請求時に2円/L! ロードサービスも年会費無料!ENEOSカードを今すぐGET!


NEC デスクトップ(VALUESTAR G タイプLスタンダード)

スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。