FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超新星 今年になって18個目の発見

大人の科学 最新情報(自動更新)バナー


 1月27日(世界時)に、山形県山形市の板垣公一さんがエリダヌス座の銀河NGC 1200に超新星を発見しました。

板垣さんは2日にも超新星を発見されているが、1月に2個の超新星を発見されるのは2004年と2007年に続いて3回目の快挙です。また、今年に入ってからの日本人による超新星発見は4例目となりました。

 超新星2008Rのイメージ画像(おおきい画像はこちら)
超新星2008R


 超新星は世界時の1月1日からの発見順にAからのアルファベット記号がつけられるのでRと付されることは18番目に発見された超新星ということになります。

 この超新星の位置は母銀河であるNGC 1200の中心核からは西に12秒角、南に9秒角ほど離れたところにあたります。

 NGC 1200はその形状からレンズ状銀河に分類され、渦巻銀河や不規則銀河のように星形成は活発ではありません。そのため超新星2008Rは、大質量星起源の重力崩壊型のものではなく、白色矮星の核爆発で起きる超新星(スペクトル分類ではIa型超新星と呼ばれる)である可能性が高いと考えられます

 このⅠa型超新星は「宇宙の灯台」ともいわれます。多くのⅠa型超新星は最大光度が一定のため、みかけの明るさが判れば、Ⅰa型超新星までの距離が判明するからです。

 1ヶ月で18個の超新星が発見されたことは、1年間では、200個余りの観測が期待されます。このうちⅠa型超新星については、観測結果を待たなければなりませんが、連星系を持つ白色矮星は普遍的に存在するとされているので、相当数になるでしょう。

 超新星の出現は従来は偶然の発見とされてきていましたが、これからはそうでなくなる日も近いと感じます。



Google


ブラックホールと高エネルギー現象
ブラックホールを飼いならす!―ブラックホール天文学応用編
超新星1987Aに挑む―壮烈な星の最期をさぐる



スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。