FC2ブログ

春一番の大風 ほこりが舞上る日でした

 つい2週間ほど前の2月6日では雪が舞って寒い日でありましたのに、今日は午後から一転して大風が吹き荒れと気温が上昇しました。

 気象庁によると、日本海上の低気圧に南風が吹き込んだため、この日の関東地方は南部を中心に南よりの風が強まり、最大瞬間風速は千葉では22.9メートルを観測したとのことです。

 気象庁は23日、関東地方で「春一番」が吹いたと発表したました。なお昨年より9日遅いということです。

 春一番とは、立春から春分までの間で、日本海で低気圧が発達し、初めて南よりの強風(東南東から西南西の風向で8m/s以上)がふいて、気温が上昇する現象のことをいいます。

 春一番は日本海の低気圧の温暖前線と寒冷前線の間に入ったとき(暖域)にふくので、春一番のあとは天候が悪化することが多いのです。

  この後は日本海側では大雪で、関東地方北部でも雪が降り、明日朝はここ千葉市も真冬の寒さで1℃と予想されています。春が訪れるのは暫くさきのようです。



Google


科学雑誌Newton。ニュートン特製ブックカバーをプレゼント!

春のお天気

気象・天気図の読み方・楽しみ方

わかりやすい天気図の話


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。