FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5000万件の宙吊年金は「名寄せ」3月内完了、でも4割は持ち主特定が困難

 社会保険庁は7日、該当者不明の約5000万件の年金記録の持ち主を探すために、社保庁のコンピューター上で約1億人の年金受給・加入者の氏名や生年月日などのデータと突き合わせる作業が6日に終わったことを明らかにしました。

 これにより、社保庁が「名寄せ」作業と呼ぶこれらの取り組みは3月末までに完了するが、記録の持ち主の見当がついたのは1200万件程度で、全体の約4割の記録は持ち主の特定が困難であるなど、全面解決のめどは相変わらず立っていないません。

 
 また1200万件についても、記録の中身と本人の過去の記憶が食い違うなどの事例が続出しており、2月19日現在で持ち主と特定されたのは17万人程度にとどまっています。

 安倍前首相が昨年の参院選で、「最後の一人まで記録をチェックして支払う」などと繰り返したこともあり、名寄せ作業で問題がすべて解決するという受け止め方は多いといわれています。

 しかし約4割の約2000万件は婚姻による姓の変更や氏名の転記ミスなどにより、持ち主の特定は困難と見られています。この件については既に予測されていたことであり、年金政策をどのように確立するかを政治課題として提示すべきことと考えます。

 でも年金政策を待っていたのでは、年金受給のための自己防衛はできません。1号被保険者は必ず保険料の納付書の領収書を保存しておくこと、勿論金融機関の口座引き落としであれば、通帳自身を保管しておくことです。

 また2号被保険者であれば必ず給与明細書を受け取り、厚生年金等の控除額の確認と保管をしておくことです。3号被保険者は?配偶者の源泉徴収書のコピーをとり保管しておくことです。これで控除対象配偶者の存在がわかるからです。

 保険料を納付したかどうかについては、恐らく年金受給のためには、「申請者自身が立証しなければならない」という申請主義方式は変わらないと思います。自己防衛のため直ぐにでも実行することをお勧めします。



Google


誰も書けなかった年金の真実―あなたがもらえなくなる日

「消えた年金」を追って―欠陥国家、その実態を暴く

年金画面・通知書類の見方・読み方

So-netでなぞなぞに正解して賞品をGETしよう!


スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。