FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディラック 現代物理学講義を読んで

 ポール・ディラック博士は、1928年に電子の相対論的な量子力学を記述する方程式としてディラック方程式を考案しました。そして この方程式から導かれるマイナスエネルギーを持つ電子の解釈で苦労しましたが、後にそれが陽電子の形で実験的に確認(1932年)され、1933年にノーベル物理学賞を受賞しています。

 現代物理学講義はノーベル賞受賞後から40年余り経てから、オーストラリア・ニュージーランドを訪れたときに、それらの各都で講義をしました。

 そのときの講義がテープに録音され、取りまとめられたのが「ディラック 現代物理学講義」で、1978年に出版されました。
 この本が邦訳されて今年の2月にディラック現代物理学講義 (ちくま学芸文庫 テ 5-2 Math&Science)として出版され、早速購入し、読み終えました。

 量子力学は粒子などの挙動を数学的に記述するので、すんなりと理解するには大変ですが、理論的な面白さは十分に伝わってきます。

 またモノポール宇宙重力定数は現代物理の解き明かすべき課題として有名ですが、その考え方や発想については、説得力を感じさせるものがあります。

 これらの課題が肯定的にせよ否定的にせよ観測的事実が明確になれば、量子論・宇宙論に影響を及ぼすのは必至です。そういう意味ではこの講義録には新鮮味を覚えるものでした。

ディラック現代物理学講義 (ちくま学芸文庫 テ 5-2 Math&Science)
現代物理入門 (新物理学ライブラリ)
現代物理科学―フェムトからハッブルの世界まで
The principles of quantum mechanics



Google


So-netでなぞなぞに正解して賞品をGETしよう!

科学雑誌Newton。ニュートン特製ブックカバーをプレゼント!
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。