スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュラーガソリン160円突破へ

 レギュラーガソリンの全国平均小売価格が5月に過去最高値を更新することが確実となり、1リットル当たり160円を突破する見通しが強まりました。

 石油元売り大手各社が28日、ガソリン税の暫定税率が復活した場合、5月1日からのガソリン卸価格を4月に比べ1リットル当たり30円前後引き上げることを決めたことによるものです。

 暫定税率分の25円10銭に加え、原油価格高騰によるコスト上昇で卸価格は大幅な引き上げとなりました。

 石油元売各社の暫定税率を含めた卸価格の引き上げ幅は、新日本石油が1リットル当たり28円80銭、昭和シェル石油は30円30銭、ジャパンエナジーは30円超と成る見込みで現行130円程度の価格が30円アップとなり、冒頭にあるように160円を越すことになります。

 暫定税率とは、道路特定財源の揮発油税、自動車重量税などについて税法上の特例措置として本来より上乗せされている税率です。

 ガソリンには1リットル当たり約25円が加算されており、2008年度予算では、暫定税率による税収は国1兆7千億円、地方9千億円の計2兆6千億円の巨額になります。

 車には、ガソリンと道路が不可欠です。この4月2日にハイオクガソリンを給油したときは、131円であり税金の高さを実感しました。

 税収使途がたとえ効率的・有益的な道路建設に活用されるととすれば、5月からの課税はやむをえないが、政治・行政や業者の既得権益を背景とした論調には同意できないし、まして脅迫じみた生活関連予算削減の根拠とするのは論外と考えます。

 4月30日にはガソリン税の暫定税率が衆院再可決で復活する見込みとなった現在、ガソリンと道路のあり方についての政策は従来のままとなりそうです。相変わらずの非効率な道路建設が続き、この1ヶ月間、12分の1の税収が飛んだだけでなにも変わらなかったということでしょうか?

■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■ ENEOSカードがリニューアル!ガソリン・軽油代が請求時に2円/L! ロードサービスも年会費無料!ENEOSカードを今すぐGET!




Google


So-netでなぞなぞに正解して賞品をGETしよう!
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。