スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預貯金の相続手続は? ①

 相続が開始された時に、被相続人名義の預貯金口座について相続人はどう手続を進めたらよいか、相談を受けました。

 先ず遺言書の有無によって進め方が異なりますが、今回は遺言書なしで進めることとしました。次に手続書類と遺産分割方式の選択です。

 手続書類は、

①金融機関の所定の様式で「相続手続依頼書」に記入し相続手続を進める

②遺産分割協議書を作成し相続手続を進める


のどちらかを選択します。

 被相続人の戸籍謄本等や相続人確定のための戸籍謄本等、相続人全員の住民票・印鑑登録証明書などは①も②も共通的に必要ですが、遺産分割協議書は他の金融機関の手続でも使用できたりするので、有用性があると思います。

 また、金融資産以外の不動産などの相続財産がある場合には②の方式が当然といえます。

 次に預貯金の分割方式です。

 相続人が複数いる場合は、

① 相続人の1人が代表して相続し、他の相続人に代償分割する方式

② 相続人全員で相続し預貯金を解約・現金化する方式


とありますが、実務的には①の方式が円滑に手続が進められると考えます。

 今回の相談案件については、遺産分割協議書作成と代償分割方式で進める事としました。



Google


相続の裏側
葬儀後の手続き・相続のすべてがわかる本
<他人に聞けない>夫が死んだときに読む本
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。