スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三順位の相続人の相続放棄について

 相続放棄については、自己のために相続の開始があったときから3ヶ月以内にしなければなりません。この3ヶ月を熟慮期間といい、相続放棄をするには、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所・家庭裁判所支部などに相続放棄申述書を提出しなければなりません。

 相続放棄の理由は様々ですが、相続放棄申述書では6項目に分類しています。

 ① 被相続人から生前に贈与を受けている。

 ② 生活が安定している。

 ③ 遺産が少ない。

 ④ 遺産を分散させたくない。

 ⑤ 債務超過のため。

 ⑥ その他

 相続放棄の申述にあたりこれらの理由は特に気にする必要はありません。また家庭裁判所は甲類29号事件として受理し19年度では総数1639件を扱いました。

 相続放棄申述書の提出とともに添付書類が必要ですが、そのなかに申述人(相続人)の戸籍謄本があります。特に相続人が第三順位(兄弟姉妹やその代襲相続人である甥・姪の場合)戸籍の取得範囲は第一・二順位の相続より広くなります。

 ① 被相続人の出生から死亡時までの戸籍謄本または除籍謄本

 ② 被相続人の親の戸籍謄本または除籍謄本

 ③ 被相続人の祖父母の戸籍謄本または除籍謄本

 ④ 甥・姪等代襲相続の場合、被代襲者の戸籍謄本または除籍謄本

となります。被相続人が高齢の場合③の祖父母の戸籍謄本などの取得は困難なことから、祖父母の出生から110年以上経過していると推定できるときは省略できることができるとされています。

 また相続人の戸籍謄本等は申請日において3ヶ月以内に発行されたものが必要となっていますし、原本(コピーはダメ)提出が求められ、必要に応じてこれら以上の資料の提出が求められることがあります。(例えば戸籍が転籍等であっても連続して繋がるように判断できること。)なお提出先の家庭裁判所に問い合わせたほうが無難です。

 第三順位の相続放棄に関しては、戸籍謄本等の取得範囲が広く追跡調査もあり、戸籍謄本等取得に際し個人情報保護による本人確認が強化されたことから、行政書士などの専門家に依頼することをお勧めします。

わかりやすい戸籍の見方・読み方・とり方―自分のルーツはこうしてたどれ!

新戸籍実務の基本講座 1 総論・通則編 (1)

年表式-戸籍記載例の変遷 新版―明治31年~現行記載例まで

市民のための国籍法・戸籍法入門

 
スポンサーサイト

Comment

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。