FC2ブログ

継続雇用制度とは? 定年の延長  年金制度との関係は?

 急速な高齢化の進行等に対応し、高年齢者の安定した雇用の確保等を図るため、事業主は、

(1) 定年の引上げ
(2) 継続雇用制度の導入
(3) 定年の定めの廃止

のいずれかの措置を講じなければならないこととなっています。

 具体的には定年を60歳から65歳とすることですが、企業の実態によっては導入困難な面もあることから65歳までは雇用を継続させることを義務付けた、そのことが(2) 継続雇用制度の導入 です。

 このことは年金制度と深い係わり合いがあります。企業勤め人は厚生年金等に加入していることから、従来の定年である60歳から報酬比例部分の年金受給ができ、さらに年齢により定額部分の年金の受給ができるようになります。

 つまり、定額部分の年金が受給できる年齢までは企業の給与をあてにしなさい、ということです。  
また65歳までの雇用継続(あるいは定年)は、男性の場合昭和24年4月2日以降生まれの人(現在59歳)は定額受給はなくなり、65歳からのいわゆる老齢厚生年金・老齢基礎年金となります。

 満年齢と年度年齢のずれはありますが、暫定的定年年齢は次のように規定されています。

 (1)平成18年4月~62歳
 (2)平成19年4月~63歳
 (3)平成22年4月~64歳
 (4)平成25年4月~65歳
 5年後には65歳までしっかり働きなさい、ということになります。



Google


■■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■ 年会費無料のENEOSカード!ガソリン・軽油代も請求時に2円/L! ロードサービスも年会費無料!ENEOSカードを今すぐGET!



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。