FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鳩山由紀夫の政治を科学する」  民主党政権の狙いとは??

 共同通信社が実施した世論調査で、鳩山由紀夫内閣の支持率は36.3%と、2月の前回調査より5.1ポイント下落し、昨年9月の内閣発足以来初めて40%を割り込んだそうです。

自民党政権時代も内閣発足当時は期待感を込めた内閣高支持率であったけれどすぐ失速してしまうのは、同じ穴のむじなのようです。

 さて、その鳩山政権の性格と今後の方向を見極める興味のある本を読みました。題して鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)という高橋洋一氏、竹内薫氏の元官僚と物理学者兼科学作家との対談です。

 日本では、時の政権は極自然に選挙できまります。そうでない国というより政権・政府はアジアにはいたるところにあるので、日本は逆にいうと例外かもしれません?とすれば選挙にいたらしめるプロセスがよりよくわかれば、時の政権の性格が明確になる、と感じました。

 政権は国の予算の議決・執行ができます。これは国家の基本的枠組で、これを獲得せんがために民主党は自民党と各種の策略を用いて、競争してきたわけです。結果は選挙で判明します。とりあえず4年間の賞味期限はあります。

 この本はその民主党の鳩山政権の「策略」の現状と今後を的確に描きだしていると感じました。特に策略をOR手法で解説しているのがユニークです。

 国土交通省をはじめ叩く官庁や独立行政法人の埋蔵金、マニュフェストの中身など民主党への支持層への強化・拡大・維持に最終的に集約される、との説明は説得力があります。

 かっての自民党支持層は、自民党政権の賞味期限切れの甘い蜜より、新鮮な蜜に乗り移ったから民主党政権となったわけです。政策以外にいわゆる「政治と金」をめぐるマスコミ報道で鳩山・小澤問題が再燃し、すでにその兆候がみえている中で、内閣支持率の減少が継続すれば、新鮮な蜜もすぐ賞味期限切れとなってしまうと思うのです。





Google


スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

HOME

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。