FC2ブログ

梅雨シーズン 雨水貯留を検討してみては

 梅雨シーズンに入ってきました。昨日は(11日月曜日)は大雨で千葉県の柏市などでは浸水したところもあったそうです。

 大雨や長雨が続いた後は日照り続きといった時には、雨水の有効利用が望まれます。多くの自治体では 雨水貯留・浸透補助制度を設けていますので活用すれば設置費用の節減になります。

 私の住んでいる千葉市は宅地内への雨水貯留槽及び雨水浸透ますの設置を支援しており、所定の手続をすれば、雨水貯留槽設置では1基あたり25,000円(容量200リットル以上)、雨水浸透ます設置では(1宅地につき4個まで補助)口径により(1個あたり)11,000円~26,000円の補助金をだしています。

是非検討してみてはいかがですか?

FC2Blog Ranking




遠藤行政書士事務所のHPはこちらから!

許認可・届出 農地転用許可など HP更新しました

 遠藤行政書士事務所のホームページを更新しました。

 4.業務項目のワンポイント解説の(3)許認可・届出の項目です。

 ①農地転用許可・届出
 ②派遣事業
 ③車庫証明
 ④古物商営業許可
 ⑤動物取扱業の登録
 ⑥探偵業


 これらの項目については公益上等の理由から、法律上の手続が必要であり、怠ると罰則の適用があります遠藤行政書士事務所は手続に時間と労力を取れないなどの方に、手続書類の作成・申請代行などを業務として行っております。

 また日常生活上のトラブルや困り事について、遠藤行政書士事務所は法律的観点・手続から依頼者と共に解決致していきます。まずはお気軽にご相談ください。


ホームページはこちらです。↓↓↓
 遠藤行政書士事務所ホームページ

外国人労働者 新制度の導入を検討 法務省

 外国人研修・技能実習制度について、1つ新しいニュースが出てきました。

 現状での就労が認められている在留資格は外交・公用・教授・芸術・宗教・報道・投資経営・法律会計・医療・研究・教育・技術・人文知識国際・企業内転勤・興行・技能・特定活動の17種類で期間は1年または3年で更新ができます。

 この現状の制度と今後の新研修制度がどう整合性をとるのか興味のあるところです。特に更新のない3年間を幅広い業種で受け入れるというのは、現状の在留資格を特例的に枠を広げるのか、また更新しない場合としたときにオーバ-ステイをどう担保するのかなどは大きな問題となることが予想されます。

 行政書士はこの在留資格認定証明申請に関わる業務、永住、帰化許可などを行っています。新制度の具体化の方向を注目しています。

FC2Blog Ranking



遠藤行政書士事務所のHPはこちらから!

行政書士会千葉支部定時総会議事録の作成

 平成19年度千葉県行政書士会千葉支部の定時総会が5月12日(土)午後2時30分より千葉市内で開かれ、その議事内容についての議事録作成人に指名されました。

 行政書士会は都道府県単位に法人として一個設立されることが行政書士法に規定されています。千葉支部は法により設立された千葉県行政書士会の会則により設置されています。千葉支部の定時総会は年1回開かれ、前年の事業活動と予算収支決算の承認、今年度の事業活動と予算の決定、さらに今年は役員選任(2年に1度)し、法人としての意思決定を行います。

 こうしたことから意思決定した内容を議事録として文書化し、文書内容に間違いがないことを証人2名と総会議長に署名・押印を求めることが議事録作成人の仕事でした。(議事録は千葉県行政書士会に提出が義務づけられています。)

 実際に行ってみると、書き方や締めくくりの文言など戸惑いがありましたが、ベテランの総会議長に文案を示していただいたので、スムーズに文書化できました。後は関係者の署名・押印を求めることとなります。一仕事完了といったところです。

FC2Blog Ranking




遠藤行政書士事務所のHPはこちらから!

動物取扱業の登録制について

 動物の愛護及び管理に関する法律が平成17年6月に改正され、平成18年6月1日から施行されました。

 これにより
 
 ①動物取扱業が従来は届出制だった動物取扱業が登録制になりました。また動物とのふれあい施設、飼養施設を持たないインターネット等による販売業、美容業(動物を預かる場合)などが新たに対象となりました。

 動物取扱業を営もうとする方は、業種(販売・貸出・保管・訓練・展示)ごとに当該業を営もうとする事業所の所在地を管轄する知事(政令指定都市の場合は市長)の登録を受ける必要があり、登録申請手続をしなければなりません。

 ② すでに、動物取扱業の届出を行っている方は、平成18年6月1日から平成19年5月31日までの間に、登録の申請手続きが必要となりました。

 ③  「特定動物」の飼養・保管について、条例による規制から全国一律の許可規制になります。すでに、「危険な動物の飼養及び保管に関する条例」に基づく許可を受けている方は、平成18年6月1日から平成19年5月31日までの間に、新たに法に基づく許可が必要です。

 遠藤行政書士事務所は「動物取扱業」の登録申請手続をサポートしますのでぜひお問い合わせください。




遠藤行政書士事務所のHP


FC2Blog Ranking

新電子公証制度の研修~新方式の電子定款認証

 この4月より電子定款認証システムが変更となり、新方式の運用が始まりました。4月18日(水)に新システムの内容について、千葉県行政書士会主催の千葉中央公証役場指定公証人である小田孜先生をお招きした研修会に出席しました。

 小田孜公証人は4月から千葉県公証人会会長に就任されています。会長というと堅苦しいイメージがありますが、講習中の語り口は実務の例を交えつつ、電子定款認証の進め方を軽妙に理解させるものでした。

 特に以下の点は実務をする上で参考になりました。

続きを読む ≫

行政書士の役割と仕事・・・ホームページを新しくしました!

 遠藤行政書士事務所のホームページを更新しました。

 街の法律家としての行政書士の法律上の位置づけ・役割、特に弁護士との相違を分かりやすく解説しております。具体的には、

1.行政書士の役割と仕事
2.行政書士の法律上の目的と業務
3.弁護士と行政書士との相違
4.業務項目のワンポイント解説
 (1)親族関係
  ①相続 ②遺言 ③離婚 ④任意後見 ⑤親子などの法律関係
 (2)契約関係
   ①契約書 ②公正証書 ③内容証明


について充実した内容にしました。どうぞ御覧下さい。

 日常生活上のトラブルや困り事について、遠藤行政書士事務所は法律的観点・手続から依頼者と共に解決致していきます。

遠藤行政書士事務所ホームページ

不動産取引における重要事項について

 不動産の売買など不動産取引を行う際、不測の損害、トラブルの発生を防止するため、取引の売主・買主は取引対象不動産(土地・家屋)の登記簿上の権利関係、公法上、私法上の利用制限その他取引条件等の重要事項について、十分に調査し、確認した上で売買契約を締結することが必要です。

 そこで宅地建物取引業法において、同法35条で宅建業者は契約成立までの前に、買主に対し取引対象不動産の重要な事項について書面を交付して説明する法的義務があります。(この要件は厳格に規定されています。)

 特に宅建業者から売買契約締結直前に重要事項説明を買主が受けると言った場合には注意が必要です。重要事項の内容を理解し、疑問点を解決しないまま契約してしまうことになるからです。また買主が契約書の内容も十分理解できないまま不相応の高額の金銭を支払うことに成りかねません。

 一戸建中古物件の場合特に注意する重要事項の項目は次のものです。

① 登記上の権利・種類  特に抵当権・根抵当権などの存在有無・登記表題部と土地・家屋の内容の一致性を確認(土地の境界) 
② 都市計画法・建築基準法などの法令に基づく規制内容と物件適否特に増改築の規制があるので現況だけでなく、将来も考慮する
③ 私道負担と権利関係
④ 電気・ガス・水道・排水などの設備状況
⑤ 手付け・代金・契約解除・損害賠償などの取引条件全般


 中古物件の場合経過年数によりますが、近い将来に改築(建替え)が生じます。その時に、買主の期待どおりの家屋建築が可能かどうか、法令のみならず、自治体規制の条例等の規制内容も重要事項として買主は宅建業者に説明を求めることが必要です。

 上記以外について、物件購入するにあったての意思決定に影響を与える重要事項について、買主は説明を求め、宅建業者にその内容を書面に明記させ、なくともない旨を書面化しておくことが必要です。

FC2Blog Ranking

≪ BackHOMENext ≫

最近記事です!!

Category

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

astro

Author:astro



物理や天文が好きで、特に宇宙論には長い間興味を持ち続けてきました。

FC2カウンター

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Google

SONY

Amazon search

text

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

ブログジャンキー